【ピアノ演奏の記事一覧】

ピアノの連弾

ピアノの連弾の良いところは、ソロで演奏するより使用する音の幅が広がることにより、派手で豪華になることでしょう。

ひとりの手は2本(指は10本)しかありませんが、ふたりなら手は4本(指は20本)になるため、弾ける鍵盤の数が倍増します。

オリジナルの楽譜が連弾用の曲もありますが、オリジナルの曲を連弾用にアレンジ(編曲)した楽譜もあります。

発表会などでよく見かけると思いますが、初心者でも先生や上級者などと連弾することによって音楽的でとても上手に聴こえます。
そしてなにより演奏者が呼吸を合わせ、たくさんの音に囲まれて、とても楽しそうです。

一般的に、ピアノの連弾というとふたりで並んで演奏することを思い浮かべる人が多いでしょう。
でも、連弾というのはふたりと決まっているわけではありません。
中には6手連弾という3人で演奏する楽譜もあるのですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。