【ピアノの調律の記事一覧】

ピアノと平均律

平均律とは、一般的に十二平均律のことを言います。

1オクターヴを均等な周波数比で12等分した音律です。
それによって各音の音・・が一定になり、同じ音・なら同じ響きになるのです。

したがって、そのまま転調や移調ができる利点があります。

たとえば「ドレミ」と弾いた場合と「ソラシ」と弾いた場合、音の高さは違うが響きは同じです。
「レミファ#」「ミファ#ソ#」も同様です。

「ドレミ」を半音ずつ上げながら弾いて試してみるとわかりますが、どの音から弾き始めても、同じ音なら同じ響きになります。

ピアノは専門の調律師によって施されます。

ピアノの調律師

ピアノの調律とは、微妙な音のずれを調節する作業のことで、その他に調整と調音の作業もあります。

これは調律師にしかできない専門分野です。
家庭では大体一年に一回を目安に調律を行ったほうが良いでしょう。

料金はアップライトとグランドピアノでも異なるし、毎年調律をしているピアノと何年も調律をしていないピアノとでも、もちろん値段は異なります。

調律をするときは、まず見積もりをしてもらうといいでしょう。


ピアノの調律

調律とは、演奏の目的によって適するようにその楽器のピッチを調整することです。

複数の楽器間のピッチを合わせることも、ひとつの楽器の複数の音を調和させることも調律です。

その調律は大きく分けて二通りあります。
ひとつは、ピアノのように演奏前に済ませるもの。
もうひとつは、演奏中に他の楽器が出す音と自分の楽器のピッチを合わせるものです。
一般的には前述の方を指すことが多いようです。

ピアノの調律には非常に専門的な技巧が必要で、それに従事する人を調律師と言います。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。