【楽譜の記事一覧】

モーツァルトの楽譜が無料でダウンロード

mozart2.gifモーツァルトは今年で生誕250周年を迎えました。

それを記念したのでしょうか、モーツァルトの文化遺産を管理するオーストリアの国際モーツァルテウム財団は、モーツァルトの全作品の楽譜をホームページに公開しました。

すばらしいことに、このモーツァルトの全作品の楽譜は、無料でダウンロードできるのです。

楽譜はPDFで作成されているため、ご自分で印刷して利用することができます。

ホームページのアドレスはこちらです。

国際モーツァルテウム財団

右上の「学術」のコーナーの >more をクリックし、表示された画面のNMA Onlineのコーナーの >more をクリック。
右下の同意書に YES をクリックして同意します。

すると、モーツァルトの楽譜のデータベースにアクセスでき、ダウンロードもできるようになります。

この記事に貼り付けた楽譜は、こちらからダウンロードした楽譜のイメージです。


*4月22日に、リンク先を修正しました。





 
posted by Sumire♪ at 20:50 | Comment(12) | TrackBack(3) | 楽譜

和音

ピアノで用いられる和音、この和音とは、高さの違う2個以上の音を同時に弾いた時に響く音のことです。
一般的には、3度の積み重ねによってできた三和音が基本です。

和音は、協和音と不協和音に分けられます。
協和音には長三和音・短三和音とその転回が含まれて、その他は不協和音となります。

和音の位置は、4声体中のバスを除く3声が8度以内に収まっている場合を密集位置といいます。

それが8度を越えてバラバラ状態にある場合を開離位置といいます。

その二つが混在している場合を混合位置といいます。
posted by Sumire♪ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

ピアノの楽譜とイラスト

ピアノの楽譜に添えられたイラスト。

楽譜だって五線譜に書かれた音符♪の羅列だけではさみしいでしょ。
やっぱりちょっとした飾りがほしいものですね。

特に幼児のピアノ導入編の楽譜には、かわいいイラストがいっぱいです。
音符よりイラストの占める割合が多いかも。

だって言葉もあまりわからないし字も読めないのに、音符だけを覚えるなんて難しすぎるし嫌になっちゃうものね。

昔と違って、イラストと一緒に遊び感覚で学習していけるように考えられた楽譜や教則本がたくさん出版されていますよ。


こんな幼児向けの楽譜がありました。

続きを読む
posted by Sumire♪ at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

メゾピアノ

ピアノによく使われる用語で、メゾピアノというものがあります。

メゾとはイタリア語でmezzo「半分の」という意味です。

メゾピアノはmpと略記します。

この場合のメゾとは、「やや(少し)」という意味で使われ、ピアノとは、「弱く」という意味です。
したがって、メゾピアノとは「やや(少し)弱く」という意味になります。

フォルテ「強く」も同様に、メゾフォルテは「やや(少し)強く」という意味になります。

そもそもメゾピアノとは音楽表現の強弱法(ダイナミクス)の中のひとつです。

音の高低や長短は音部記号と音符で比較的厳密に記されますが、音の強弱はそれほど厳密ではなく、演奏者が自由な表現をする要素となります。
posted by Sumire♪ at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

音部記号

音部記号といっても聞き慣れない人が多いかも知れません。

でもト音記号・ヘ音記号といえば、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ト音記号は高音部記号といわれ、一般的には中央のハ音(ド)から5度上のト音(ソ)の位置をを示し、Gの文字を図案化したものです。

ヘ音記号は低音部記号といわれ、一般的には中央のハ音(ド)から5度下のヘ音(ファ)の位置を示し、Fの文字を図案化したものです。

そしてその音部記号には、もうひとつ「ハ音記号」というものがあります。中央のハ音(ド)の位置を示し、Cの文字を図案化したもので、その記号は、書き入れる場所によって楽譜のドの位置が変わるのです。


posted by Sumire♪ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

ピアノコード 続き

コードとは和音のことで、ギターやピアノの楽譜に書かれている記号です。

クラシックのピアノでは(理論は解っていても)コードで演奏することはほとんどありませんが、ギターはもちろん、ジャズピアノではよく使われます。

コードを覚えることにより、いろいろな組み合わせで手軽に伴奏を付けることができます。

ドレミファソラシをCDEFGABに置き換えます。
わかりやすく逆に言うと、ABCDEFGをラシドレミファソ、ラの位置をAにしてアルファベット順です。

そのアルファベットを主音とし、いろいろな和音(メジャー・マイナー・セブンス・サスフォー・etc)が形成されます。



posted by Sumire♪ at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

ピース

ピースとは小片のこと。
音楽関係でいうと、一曲だけが収められた楽譜のことです。

ピアノを習っていると楽譜は付き物ですが、レッスンで使われる教則本や曲集などは一冊の中に何曲〜何十曲、短い曲では何百曲も収められています。

しかも、中級以上になるとその楽譜もかなり高額になってきます。
その上、初心者とは違い、その楽譜に収められた曲を全部弾くことも少なくなっていきます。

でも、クラシック界では「楽譜は財産だ」と言われているので、購入することが多くみられます。

そこで、楽譜として一冊はいらないけど、その中の一曲だけが欲しいという人は、ピアノピースを購入すると良いでしょう。
ちょっと割高ではありますが。

発表会で弾きたいとか、どんな曲か楽譜を見てみたいとか、その一曲だけに挑戦してみたいとか。用途はさまざまです。
posted by Sumire♪ at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

ピアノコード

一般的にはあまり知られてないピアノコード。

楽譜からピアノを習った方々は、まずわからない人が多いでしょう。
それもそのはず、正規のクラシック音楽教室の先生や音大の先生でもコードの事を詳しく教えてくれる人は少ないのです。

クラシック音楽界ではピアノコードがメジャーでないため、教える機会があまりないというほうが正しいかも。

ピアノコードを知ると音楽の幅がぐんと広がり、もっと音楽を楽しむことができるはずです。

コードを知ることでクラシックな音楽もポピュラーの音楽のように弾くこともできますし、コード進行によって即興演奏することもできます。

好きな音楽の曲も、楽譜がなくても耳で聞くだけで弾くことも可能です。


posted by Sumire♪ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

はじめての楽譜

楽譜の中の音符は、音楽の言葉ですね。

まだ言葉も上手に話せない子供だって、音符がわかれば楽譜を見てちゃんと弾くことができます。
小さな子供がピアノを習って最初に手にする楽譜は、一本指から始まって一本指で終わるような簡単な楽譜です。

音符のドを見て自分の指を鍵盤のドに合わせてみる。
それだけでも小さな子供にとっては大変な作業です。

月日がたち、そんな簡単な楽譜も一冊二冊と段階を踏んでいくうちにあっという間に両手で弾けるようになっていたりして。
楽譜と共に子供も成長していくようです。

posted by Sumire♪ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

楽譜のダウンロード 続き

今やピアノの楽譜までパソコンでダウンロードができる時代です。

有償の場合ですと、好きなクラッシクの曲や、ポップスなど、ピアノで弾きたい曲を、1曲で300円位からダウンロードできます。

たしかに、基礎練習のためなら最初からたくさんの楽譜を使うこともありますね。
でも、ある曲の楽譜だけがほしい人には、その曲だけをダウンロードできて、本当に便利でしかも経済的です。

以前は、たった1曲の楽譜が欲しいがために、必要のない曲がたくさん載った分厚い楽譜を、高額なお金を出して買っていたものです。

楽譜のサンプルも見ることができ、中には視聴までできるものもあるから驚きですね。
posted by Sumire♪ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

楽譜のダウンロード

「ピアノで好きな曲を弾いてみたい」って思っている、楽譜が読めるあなた! 
また好きな曲のためなら、楽譜を読む努力をしようとがんばっているあなた!
楽譜をどうやって入手されていますか?
 
お店で楽譜を探すのはけっこう大変だし、お店で購入するとけっこう高額だったりします。

そこで楽譜を買いに行くより、手軽な方法を紹介しましょう。
場合によっては、無料で入手できることもあります。
探している曲があるかどうかは運次第なんですけど。

まずはインタネットを利用して探してみます。
有料の楽譜もありますが、なんと無料でダウンロードできる楽譜もあるのです。
便利でお得な時代、利用しない手はありませんね。
posted by Sumire♪ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

ピアノと楽譜

楽譜とは楽曲を記録する目的で、文字や記号を使い紙面上に記したものです。

現在は主として五線譜のことを指し、音符とともにイタリア語・ドイツ語などによる演奏の指示が記されています。

楽譜の種類としては、フルスコア・パート譜・ボーカルスコア・ピアノ譜などがあります。
また、五線譜以外にも楽譜はあり、タブラチュア(タブ譜)と呼ばれるギター譜・打楽器に使用される一線譜などがあります。

楽譜の歴史の始まりは9世紀頃。
ネウマ譜と呼ばれる楽譜が現れました。
15世紀までは、手書きだったらしいです。
posted by Sumire♪ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。