【ラフマニロフの記事一覧】

ラフマニノフ

ラフマニノフはロシアの作曲家です。

5才からピアノを始め、18才でモスクワ音楽院ピアノ科を首席で卒業。
スクリャービンとは同級であり、優秀な二人は首席の座を二分しました。
その年、ピアノ協奏曲第1番を完成。

ラフマニノフは巨大な手の持ち主で、12度の音程(ドから1オクターブ半高いソまで)を弾くことができたらしいです。

4曲のピアノ協奏曲、他にもたくさんの作品を残していますが、その中でもピアノ協奏曲第2番は彼を代表する作品でとても人気があります。
その美しさとドラマティックな展開により、フィギュアスケートにもよく使われています。
みなさんもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。