【モーツァルトの記事一覧】

モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト。
オーストリアのザルツブルグに生まれました。

モーツアルト・ハイドン・ベートーヴェンは、古典派の三大巨匠といわれています。

モーツアルトは幼少時から天才と呼ばれ、5歳で作曲を始め、音楽家としてウィーン・パリ・ロンドン・イタリアなど、各地で演奏を披露しました。
そして35歳で短い生涯を終えました。

モーツアルトのピアノソナタは、中級者程度でも弾くことができ、譜面上はそれほど難しく見えないのですが、その音楽表現の深さといったらトップクラスのピアニストでさえ難曲と挙げるほどです。

作品総数は700以上といわれ、あらゆるジャンル(オペラ・宗教曲・交響曲・協奏曲・ピアノソナタ・など)で残されています。

2006年はモーツアルト生誕250周年、モーツアルトイヤーと呼ばれ、今年は全世界でモーツアルトの作品を演奏するコンサートが催されています。

モーツァルトのピアノ協奏曲

モーツアルトは短い生涯の中、27のピアノ協奏曲を作曲しました。

モーツアルトの作品はほとんどが長調です。
装飾音が多く使われて非常に軽快で美しいですが、その作品のほとんどは生計を立てるために注文を受けて作曲されたといわれています。

ピアノ協奏曲の中でよく演奏されるのは、9番・20〜27番でしょう。
そのうちの第9番はフランスのジュノーム嬢に献呈されたと伝えられてきたため「ジュノーム」と呼ばれています。
第26番はレオポルト2世の戴冠式で演奏したため「戴冠式」と呼ばれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。