のだめカンタービレ

のだめカンタービレという、二ノ宮知子原作のピアノの漫画がありますね。

最近では、テレビドラマにもなって、ますます人気がでてきました。

天才的なピアニストでありながら、ゴミためのような部屋に暮らす音大生「のだめ」こと野田恵が主人公です。

もともとは、女性コミック誌「Kiss」で連載され、コミック(1〜16巻)の累計発行部数は1500万部を超える大ヒットとなりました。

その後、じわじわと人気を呼んで、10月からフジテレビ系の月曜日午後9時のドラマ枠「月9」でドラマ化され、一気にブレークしました。

実は、この主人公、野田恵には、実在のモデルがいるそうです。
その方は、野田恵さんといい、音大を出てピアノ講師をされているそうです。

原作者の二ノ宮さんが、野田恵さんとコンタクトを取りながら、漫画のアイデアを練っているそうです。

そういう理由から、「のだめカンタービレ」のコミックスの巻末には「Special Thanks 野田恵」と必ず入っているんですよ。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。